目を回復させるアイテム|ブルーベリーサプリで目に良い生活

人体にとことん優しい成分

サプリメント

食事の工夫と並行して

油は、人間の体のエネルギー源になり、細胞膜を作る重要な役割を果たします。つまりは、体にとってなくてはならないものです。油には、いくつか種類があり、適度な量をバランスよく摂取することが大切です。現代人は、サラダ油や紅花油、マヨネーズなどのオメガ6を摂り過ぎ、オメガ3が不足しがちとされています。したがって、オメガ6を減らし、オメガ3をしっかり摂取する事が大切です。これを実践することで、美容と健康が大きく改善されます。具体的には、オメガ6を用いる料理は、1食1品にするなど工夫をこらすことです。ノンオイルドレッシングなどの活用も効果的です。一方で、オメガ3を摂るために、亜麻仁油、しそ油を用いる工夫をしましょう。魚やくるみ、栗、ナッツなどの食材も積極的に摂取しましょう。現在では、サプリや健康食品でも、手軽に撤収できます。オメガ3に分類される、DHAやEPA、αリノレン酸を含む商品を選択しましょう。現在では、1粒に必要な栄養分を濃縮させる技術が進み、カロリー控えめなサプリも増えています。手軽に効率よく摂取できるサプリは、忙しい現代人にとって、非常に便利なものです。ぜひ活用してみましょう。

脳や神経への効果

美容や血行改善、肥満解消に注目が集まるオメガ3ですが、ここでは少しマイナーな脳や神経への効果に着目します。前提として、オメガ3は体内でDHAに変換され、脳内の神経細胞を整えます。この性質から、次のような病気を予防、改善できます。まずは、認知症です。脳の約65%は脂肪酸が成分とされ、その要はDHAです。そして、オメガ3は脳の老化を防ぐとされています。具体的には、認知機能の低下を抑え、脳の萎縮を改善します。臨床試験でも、生活習慣の改善とオメガ3の摂取で、これらの効果が確認されています。また、脳に近く、神経が集まる目にも効果をもたらします。目の網膜の主成分もDHAとされているからです。緑内障や加齢黄斑変性症などの予防が期待できます。さらには、うつ病への効果です。うつ病は、脳内の神経伝達がうまくいかず発症するとされます。うつ病患者には、オメガ3が不足しているとの統計もあるほどです。この成分を用いれば、神経細胞が整い、うつ病を予防、改善へと導きます。このように、オメガ3は人体にとことん優しい成分です。まだまだ多くの可能性も秘めています。サプリを用いて、積極的に摂取してみてください。